情報を集める

作業する人

新築から10年以上経過すると新築当時の面影が無くなってきます。
それと同時に老築化するため、次々と故障個所が出てくるのが新築から10年以上経ったこの時期なのです。
老築化はそのまま放っておいても大丈夫な部分もありますが、放っておくとダメになってしまう部分もあります。
例えば外壁です。
外壁には家を雨風や雪、そして日光から守るという役割がありますが、その大事な外壁に穴が開いたり、ひびが入ったりすると、そこから家の中に雨風が入り、カビが生えたり木材が腐ってきたりと外壁以外も修理しなければならなくなります。
そこで、できるだけ早い段階でリフォーム工事をしてきれいにしておくのが後々のことを考えても良い選択ではないかと思います。

新築から10年以上経過すると新築当時の面影が無くなってきます。
それと同時に老築化するため、次々と故障個所が出てくるのが新築から10年以上経ったこの時期なのです。
老築化はそのまま放っておいても大丈夫な部分もありますが、放っておくとダメになってしまう部分もあります。
例えば外壁です。
外壁には家を雨風や雪、そして日光から守るという役割がありますが、その大事な外壁に穴が開いたり、ひびが入ったりすると、そこから家の中に雨風が入り、カビが生えたり木材が腐ってきたりと外壁以外も修理しなければならなくなります。
そこで、できるだけ早い段階でリフォーム工事をしてきれいにしておくのが後々のことを考えても良い選択ではないかと思います。

新築から10年以上経過すると新築当時の面影が無くなってきます。
それと同時に老築化するため、次々と故障個所が出てくるのが新築から10年以上経ったこの時期なのです。
老築化はそのまま放っておいても大丈夫な部分もありますが、放っておくとダメになってしまう部分もあります。
例えば外壁です。
外壁には家を雨風や雪、そして日光から守るという役割がありますが、その大事な外壁に穴が開いたり、ひびが入ったりすると、そこから家の中に雨風が入り、カビが生えたり木材が腐ってきたりと外壁以外も修理しなければならなくなります。
そこで、できるだけ早い段階でリフォーム工事をしてきれいにしておくのが後々のことを考えても良い選択ではないかと思います。

新築から10年以上経過すると新築当時の面影が無くなってきます。
それと同時に老築化するため、次々と故障個所が出てくるのが新築から10年以上経ったこの時期なのです。
老築化はそのまま放っておいても大丈夫な部分もありますが、放っておくとダメになってしまう部分もあります。
例えば外壁です。
外壁には家を雨風や雪、そして日光から守るという役割がありますが、その大事な外壁に穴が開いたり、ひびが入ったりすると、そこから家の中に雨風が入り、カビが生えたり木材が腐ってきたりと外壁以外も修理しなければならなくなります。
そこで、できるだけ早い段階でリフォーム工事をしてきれいにしておくのが後々のことを考えても良い選択ではないかと思います。

新築から10年以上経過すると新築当時の面影が無くなってきます。
それと同時に老築化するため、次々と故障個所が出てくるのが新築から10年以上経ったこの時期なのです。
老築化はそのまま放っておいても大丈夫な部分もありますが、放っておくとダメになってしまう部分もあります。
例えば外壁です。
外壁には家を雨風や雪、そして日光から守るという役割がありますが、その大事な外壁に穴が開いたり、ひびが入ったりすると、そこから家の中に雨風が入り、カビが生えたり木材が腐ってきたりと外壁以外も修理しなければならなくなります。
そこで、できるだけ早い段階でリフォーム工事をしてきれいにしておくのが後々のことを考えても良い選択ではないかと思います。